わたしの室崎琴月さん

知っているようで知らなかった琴月さん

版画はがき『夕日』(3枚組み)

2011年2月20日、室崎琴月生誕120周年記念コンサートが高岡市民会館で開かれた。さらに2011年は名曲 童謡「夕日」作曲90周年の節目でもある。これまで琴月さんの生い立ちを文章や挿絵にしたり、顕彰活動などに携わったりしてきたものの、その都度、新たな琴月さんを発見してきた。
「知っているようで知らなかった琴月さん」を改めてたどってみた。

  1. ハンディーが音楽の道へ

    2歳のときに子守さんの不注意で股関節を脱臼、手当てが遅れ、片足が不自由となる。
    駆け回って遊ぶことができなかったため、幼いときから一人静かに家の中でハーモニカをふいたり、オルガンを弾いたりして過ごすことが多かった。それでも子守さんを恨むことなく、音楽の道へと夢をふくらませる。19歳の春、家族の反対を押し切って上京。

  2. 東京時代の琴月さん〈「夕日」誕生秘話と童謡作曲家 室崎琴月〉

    3年間の苦学の末、東京音楽大学(現 東京芸術大学)本科ピアノ科に入学。在学中、演奏者から作曲家を志す転機を得る。大正6年音楽学校を卒業し、東京谷中に私立の音楽学校の草分けとなる中央音楽学校を創設。若き校長となり、作曲の勉強を続ける。
    大正10年、児童雑誌に見つけた葛原しげるの詩「夕日」。最後に「ぎんぎんぎらぎら日が沈む」の一行を付け加えることの快諾を得て、誕生したのが、童謡「夕日」。脚光をあびたきっかけは、2年後に起こった関東大震災。焼け野原となった都心、夕日に向かって子どもたちが歌う「夕日」の歌声に大人も一緒に歌い、全国に広まる。さらに学校舞踊家が振付を学校に教えに回ったため、盛んに歌われる。「夕日」は琴月を童謡作曲家へと決定付けた。時は童謡隆盛期、白秋、雨情、八十などの詩に曲をつけ数々の童謡を生み出す。

  3. 戦後、高岡での琴月さん

    昭和20年、戦災で全てを失い、着の身着のまま高岡に帰った琴月さんだったが、作曲と音楽教育に邁進。琴月作曲「高岡市民の歌」は戦後の暗い高岡市民の心を大いに元気づけた。
    また、様々な新しい形で、音楽を市民の心に広め、活力を与えた。婦人合唱団は全国先駆けてのママさんコーラス。高岡は琴月さんのおかげで最先端の音楽教育の恩恵を受けた。

  4. 東京と高岡の二つの地で〈童謡作曲家を貫いた琴月さん〉

    昭和43年、琴月77歳、東京谷中に中央音楽学院として音楽学校を再建し、東京と高岡との両方で音楽活動を続ける。昭和52年、東京谷中の自宅にて86歳で天寿全う。作曲数は2000を超える。生涯、音楽で子どもたちに夢を与えようとした童謡作曲家であった。

  5. 高岡に息づく琴月さん

    昭和58年、彫刻のあるまちづくり事業の第1号として「夕日」をテーマにした像が設置。
    像の子どもたちは、夏は浴衣、冬はマフラー姿。琴月さんの思いに馳せる機会となることを願う。
    明治、大正、昭和の趣を残す山町筋が、童謡の[琴月通り]としても楽しめる散歩道になればと夢見る。生家もある。資料館に琴月資料も充実させて、山町の家々の軒先に好きな琴月作曲の童謡楽譜を掲げて歌えば、自ずと童謡ファンも訪れよう。口ずさまれてこそ童謡だ。