水上悦子の木版画(2024年4月)水上悦子の木版画(2024年5月)水上悦子の木版画(2024年6月)水上悦子の木版画(2024年7月)水上悦子の木版画(2024年8月)水上悦子の木版画(2024年9月)水上悦子の木版画(2024年10月)水上悦子の木版画(2024年11月)水上悦子の木版画(2024年12月)水上悦子の木版画(2024年1月)水上悦子の木版画(2024年2月)水上悦子の木版画(2024年3月)水上悦子の木版画

What's New 最新情報

2024.4.15

昨日の石川県立図書館での裏彩色ワークショップ、子どもさんにも大人にもそれぞれに楽しんで頂けるものとなって嬉しかったです。なんといっても棟方さんの本物の裏彩色作品を間近で裏からも見ることができるという貴重な機会、石井先生による棟方志功のわかりやすい紹介ですっかり会場は棟方ワールド。簡単な下絵から版木に彫って、和紙に摺り、裏から彩色を施すという私の実演後、それぞれに制作。和気あいあいで仕上がった作品にはサインと印も。額に入れて笑顔で帰られる皆さんにこちらの方が嬉しくなりました。棟方志功研究家の石井先生、福光美術館さんとの提携でご一緒出来たこと本当にありがたく感謝です。新しい石川県立図書館は大きな円形で夢の世界のような素敵な所でした。

2024.4.13

庭のチューリップが一斉に咲き出して春爛漫です。高岡古城公園の桜も満開で先週に続き臨時に今日明日の2日間、博物館屋上開放です。🌸名所100選の絶景が一望できます。ぜひ!11時~15時。明日は石川県立図書館にて裏彩色のワークショップ。楽しみです。

2024.4.5

桜も見頃となって今日は小学校の入学式。桜100選になっている高岡古城公園も美しいです。園内の博物館では今日から3日間、屋上無料解放(13時~15時)。お天気も穏やかで屋上からの眺めはまた格別です。

2024.3.30

急に暖かくなりました。隣の空き地は土筆でいっぱいです。明後日から4月、新年度の始まり、出会いの季節です。石川県立図書館では、企画展「本の装丁 棟方志功と同時代の芸術家たち」開催中。関連事業の一つとして4月14日「裏彩色ワークショップ」が開かれます。板画家棟方志功研究家の石井頼子先生とご一緒に担当させて頂けるのが楽しみです。

2024.3.23

梅はこぼれて散り梅に。古城公園の早咲きコシノカモザクラはもう見頃、足元ではひっそりかたかごの花が可憐な姿を見せていました。年度末です。ご退職される方への記念として拙作選んで頂き嬉しく思います。これまでの感謝とこれからの思いの彩りになれるなら幸せです。

2024.3.2

3月に入って今朝は雪。玄関前で満開になっていた紅白梅や10センチ程に伸びたチューリップの芽にも雪が積もって冬に逆戻りのようです。おやべの民話を描いています。今年度は西中のお獅子のおはなしです。今月の展示は9(土)~31(日)は砺波市美術館にて第20回記念砺波市美術協会会員展・安城文化協会交流展。16(土)17(日)は高岡文化ホールにてカルチャー祭り。よかったらお立ち寄り下さい。

2024.2.22

「にゃんにゃんの日」、昨年長寿表彰もらった愛猫のエビスに癒されています。4月始まりの「にゃん暦2024年度」ができました。今回は予約頂いた現品のみになりましたが、どうか新たなにゃんたちが幸せ招いてくれますように。

2024.2.14

昨日今日と4月並みの暖かさとなって玄関前の白梅が咲き出しました。それも3輪も。見れば膨らんだ蕾をたくさんつけています。気持ちが明るくなりました。

2024.2.2

福光美術館で開催中の「なんと版画年賀状公募展」、今回のポスターやチラシに私の干支の版画をデザイン頂きました。木版やエッチングなど多彩な版画の年賀状、招待作含めて計569点の展示。子どもたちの作品も素晴らしいです。入賞作の一部は来週末の南砺ふくみつ雪あかり祭りで巨大紙風船になって空に浮かび上がります。

2024.1.31

先月から展示頂いていたcafe gallery「ルチャナ」さんでの小さな木版画展最終日となりました。ご覧くださった方々本当にありがとうございました。年明けの大地震から一ヶ月、少しでも心休まるひとときであったならと思います。

お知らせ一覧はこちら >>