水上悦子の木版画(2022年6月)水上悦子の木版画(2022年7月)水上悦子の木版画(2022年8月)水上悦子の木版画(2022年9月)水上悦子の木版画(2022年10月)水上悦子の木版画(2022年11月)水上悦子の木版画(2022年12月)水上悦子の木版画(2022年1月)水上悦子の木版画(2022年2月)水上悦子の木版画(2022年3月)水上悦子の木版画(2022年4月)水上悦子の木版画(2022年5月)水上悦子の木版画

What's New 最新情報

2022.6.26

庭のくちなしの花が咲き始めました。いつもは7月に入ると決まって咲き出す夏の香りなのに今年は早いです。さて、となみ散居村ミュージアム民具館で開催中の父の版画展もあと一週間、7月3日までとなりました。ご覧頂いた方の中には教え子さんだったり、作品飾って下さってる方であったり…。またコメント書いて下さった方、お便り下さった方、本当にありがとうございます。

2022.6.17

6月も後半です。昨日から高岡のカフェ「くらうん」さんにて、小さな版画10点余り展示となりました。自家焙煎の美味しいコーヒー頂きながら、どうぞほっこりとしたひとときを。

2022.6.14

アジサイの隣でアガパンサスがすうっと茎を伸ばして出番を待っています。今週末からは版画フォーラム2022和紙の里ひがしちちぶ展始まります。今回は和味賞いただき、私の作品で心和んでもらえるならとてもありがたいです。一緒に出品した教室の方からも入賞のお知らせ入り嬉しいです。自分なりの作品楽しみに制作していきましょう。

2022.6.6

アジサイのすみだのはなびが咲き出しました。県民会館では県展始まっています。今回出品した「希望の花」は、今、なかなか和やかな作品ができなくて荒々しい表現になりました。早く心やわらかに過ごせる日々になりますように。

2022.6.1

6月、水無月に入りました。これから梅雨時なのに水が無い月ってなんで?と思っていたら、水無月は水の月という意味だったのですね。庭のサツキはいつになく美しく咲いてくれて、今月はつぼみをつけているアジサイが楽しみです。

2022.5.22

庭ではさつきがこんもりと花を次々咲かせています。となみ散居村ミュージアムでの父の版画展は資料数点加わって後半に入っています。散居の旧家の作品の一つ、お宅と制作由来教えて頂きました。自動車道建設のため建て替えとなり、旧家を記念として残す版画を依頼されて制作したものだったとわかり感無量でした。他の作品の制作由来も気になります。教えて頂けたらうれしいです。

2022.5.9

大型連休も終わって5月も中旬に。色鮮やかなツツジの次は、蕾をたくさんつけたさつきが出番を待っています。年度末に発行された冊子絵本、おやべの民話「蟹谷につたわるおはなし」が小矢部市内小中学校図書室に配置となって活用始まったようで嬉しいです。今回も描かせてもらえたことに感謝しています。

2022.4.30

大型連休です。昨日はあいにくの天候となりましたが、となみ散居村ミュージアム民具館「佐竹清版画展」にお越し下さった方々、本当にありがとうございました。樺太生まれの父のこと、版画集や日誌、図録など紹介しながら、父の歩みと思い出を少しばかりお話させて頂きました。なつかしい方や父とご縁あった方ともお会いできていろいろお聞かせいただき嬉しかったです。白黒版画の懐かしい風景に感動したとのお声も。会期は7月3日までの長期間です。どうぞご都合よろしいときにお立ち寄りください。

2022.4.22

桜はすっかり葉桜に変わり新緑まばゆい季節となりました。庭のチューリップは色とりどりにもう満開。今日から砺波チューリップフェア開幕です。行かれましたら散居村ミュージアムにもどうぞお立ち寄りください。県民会館では県洋画連盟展開催です。

2022.4.13

初夏のような天候が続いてあっという間に桜は満開から花吹雪となり、少し遅い八重桜が見頃です。庭では椿や木蓮、チューリップに芝桜が一斉に咲だしました。いつの間にか梅の木は若葉色に。自然のエネルギーに元気もらっています。

お知らせ一覧はこちら >>